ブログ

2013/05/08 ちゃんゆか

ちゃんゆか、UV対策

早くもタイトルが漢字ですらなくなる、
どうもちゃんゆかです。

 

ゴールデンウィークも終わりましたねー。

接客業という仕事柄
『ゴールデンウィークって何じゃらほい?』
と、他人事のような感じで…。

どこかに出かけるだとか、
帰省ラッシュとかに悩んだことがありません。

社会人になってからは基本的に土日・祝祭日が出勤、という
シフト制しか経験したことがないものでして…。

人混みが苦手なぶん性には合ってますけどね(笑)

ただ最近は祝祭日が何の日でお休みなのか
とんとわからなくなってきました…orz

小学生のときはちゃんと覚えてたのになー…(トヲイメ

 

 

さて、そんなこんなであった方もなかった方もゴールデンウィーク中

いかが過ごされましたでしょうか??

人混みが苦手なくせに街中が人で賑わっているのは好きなちゃんゆか。

ちょっとそれだけでご機嫌になれます。

気温も上がって過ごしやすい!
陽も長い!空も青い!
5月というだけで陽気な気分になる!

あやつさえいなければ…

 

そう、
ちゃんゆかだけでなく
世の女性皆が嫌うであろうあやつ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう!にっくき紫外線です!!

 

 

昔から”美肌白肌、七難隠す”と言いますが白肌への一番の近道は一に予防、二に予防。

何はなくともとにかく予防です。

 

意外と知られていなかったりしますが紫外線量のピークは来月の6月で、

5月の紫外線量はというと7月や8月とそう変わらないのです。

特に午前10時~午後2時が強く、この4時間だけで一日の総紫外線量の7割を占めるというデータも。

 

普段から外出するときには日焼け止めを塗り、可能であれば長袖とサングラスを着用。

これだけで皮膚への紫外線ダメージがかなり違ってきます。

 

 

ところで日焼け止めにかかれているSPFとPAの数値、

ちゃんと選ばれてますか??

 

SPFは紫外線防御指数のことで、紫外線を浴びた際、皮膚が赤くなるまでの時間を延ばしてくれます。

例えば、紫外線を浴びて20分で肌が赤くなる場合にSPF30の日焼け止めを使うと

20×30=600

皮膚が赤くなるまでの時間を10時間まで延ばしてくれます。

 

PAはUVA防御指数のことで、

皮膚が黒化する原因、つまりシミになるメラニンを防いでくれます。

 

ついついSPF数値やPA数値が大きいものを選んでしまいがちですが大木ければいいというわけでもなく、

ライフスタイルにあった数値を選ぶようにしましょう。 

日に当たるのは通勤時間のみであとは屋内という方はSPF10~20、

日中に何度も外に出るという方はSPF20~30、

どちらもPA++くらいあればいいかと思います。

ただ汗をかいた場合はこまめに塗りなおすようにしましょう。

 

 

 

それでも日焼け止め忘れたー!とか

もう焼けちゃったー!!と、いう場合はシミになる前に早めの対処を!!

 

先ずは抗炎症作用のある化粧水でたっぷりと水分を与えて冷やすこと。

日焼けも火傷と同じですから。

あともう一つは肌の新陳代謝を高め、メラニンの排出を早めること。

肌の新陳代謝を高めるにはビタミンA、C、Eが有効です。

 

でもAとかCとかEとかいわれても

何に含まれてるんだかよくわかんないよー(泣)

 

というときにはコレ!!

 

美白作用のあるハーブティです。

肌代謝をあげてくれるビタミンA、C、Eが豊富に含まれている柿の葉やハイビスカス、

ローズヒップなどがブレンドされています。

他にもたくさんの成分がたっぷり!!

 

例えば、最近あちこちで聞く”糖化”。

この糖化現象で肌は弾力を失い硬く、黒くなっていきます。

そんな糖化をくいとめる抗糖化作用のある桜の花エキスを配合。

EGF等のグロースファクターを含む高濃度プラセンタも配合されています。

まだまだあるんですが、あまりに多いので割愛(笑)

 

ストロベリーフレーバーで、ハニーブッシュがほのかに甘く香ります。

ちなみにちゃんゆかはいくつかあるハーブティの中でもこのハーブティが1番です。

だって、おいしんだもの。

 

ビタミンと水分をしっかりとって、

しっかり紫外線対策をして今年も美肌で乗り切りましょー!!

 

 

タイ古式マッサージ 岡山

バンクンメイ グランヴィア岡山店 ちゃんゆかでした★

 

 

 

 

アーカイブ