ブログ

2013/08/16 ちゃんゆか

ちゃんゆか、浮腫対策

 

 

大阪弁を忘れつつあります、

どうもちゃんゆかです。

 

生まれも育ちもガッツリ大阪、

地元は通天閣のある天王寺です。

ええ、あのとてもとても治安のよろしい下町です(笑)

 

にも関わらずやや標準語に近い発音で話すせいか、

関西人だと気付いてもらえないのがしょっちゅうです。

何なら実家が大阪という話をしていて本気で驚いていたウメ子。

あなた今さらですか…?

 

でも地元の友人と電話をすると戻っちゃいますけどねー…(トヲイメ

 

 

さて、お盆も終わり暑さも少し…ほんの少ー…し!!

和らいできたような気もする今日この頃。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

毎日暑い日が続いているからとジュースをガブガブ、

アイスをパクパクなんて生活になってませんか?

胃腸が冷えて夏バテになっちゃいますぞー。

 

 

暑くてたくさん汗をかくのに脚が浮腫むんですー(泣)

と、最近お客さまから相談をうけました。

 

実は汗は体温調節のためで、汗をかくからといって浮腫みが軽減されるわけではないのです。

熱中症対策として、塩分やナトリウムを!といわれていますが、過剰摂取も浮腫みの原因になります。

 

じゃあ、どうすればいいのさ??

 

はい、簡単にできることを3つほど。

・湯船に浸かる

・カリウムの摂取

・ふくらはぎを使う

 

湯船に浸かるのは水圧によって血液を心臓へしっかり戻すのが目的です。

熱くてついついシャワーですませがちな夏場ですが、エアコンや汗で体の芯は思いのほか冷えてます。

ですので半身浴で15分、そのあと全身浴で5分。

もちろん水分補給をしっかりとしてお風呂からあがったら十分な休息を。

 

カリウムは主にキノコや海藻、バナナなどの果物に含まれています。

このカリウムは塩分の排出を助ける⇒つまり余分な水分をだしてくれるのです。

こんな暑い時期にはオススメするのは冬瓜!!

まー、ちゃんゆかが冬瓜を好きだというのもありますが(笑)

鶏肉と甘辛く炊いたり、オクラとあっさり煮にしたり。

ごはんやおそうめんと一緒に是非。

温かいままでも冷たく冷やしてもおいしいですよ。

 

はい、あとはふくらはぎ。

足は第二の心臓といわれていますが、この第二の心臓。

実は足裏でなくふくらはぎのことなのです。

ふくらはぎの筋肉を収縮させることによってポンプの代わりとなり、血液や水分を上まで押し上げてくれるのです。

お手洗いに行ったら屈伸、2時間たったら屈伸など習慣にしてしまえば浮腫みはかなり軽減されます。

 

あとはふくらはぎや脚の筋肉を刺激してくれる靴を履くのも一つの方法かと。

立っていたり、フットバスの桶を運んだりとなかなか脚に負担のかかるこの仕事。

最初はただのスリッパを履いていたのですが、浮腫むわ、脛は痛いわでもう大変↓↓

で、ちゃんゆかとちゃみが揃って購入したのがこちら。

FitFlop。

もうコレに変えてから脚が本当に楽で楽で…(泣)

ちょっと長くなりそうなのでFitFlopについては次回に★

 

 

浮腫み対策、いろいろとかきましたが少しずつ続けて習慣になってしまえば

こっちのもんです♪

負担やストレスにならないようゆるゆる続けてみて下さい。

 

であであ、まだまだ残暑が続くみたいですが夏バテせぬよう

乗り切っていきましょー!!

 

タイ古式マッサージ 岡山

バンクンメイ グランヴィア岡山店 ちゃんゆかでした★

 

アーカイブ