ブログ

2014/02/07 ちゃんゆか

ちゃんゆか、節分事情

引っ越しをしました、
どうもちゃんゆかです。
お休みの度に少しずつ片付けてはいるのですがなかなか片付かず、
部屋が地獄絵図状態です(笑)
来週中には終わらせたいなー…(トヲイメ
さて、先日は節分でしたね。
今年は”丸かぶり”を食べずに終わってしまいました(泣)
実家にいるときは毎年当たり前のように食べていたんですがね。
大きな丸かぶりをその年の恵方を向き、目を瞑って無言で一本食べきる。
小学生のときにはなかなかに厳しい行事でした(笑)
そんな丸かぶりもいつの間にか”恵方巻”と呼ばれ、
全国的に有名になりました。
恵方巻という名前で売り出したのがコンビニのセブンイレブン。
これで一気にメジャーに。
大阪出身のちゃんゆかにとって節分はけっこう大きな行事で、
その一年の災厄を祓う大切な日でもあり、無病息災を願う日でもあります。
厄払いは節分にして、新しい何かを節分から使い始める。
そして今年も一年元気に過ごせますように…というのが、習慣でした。
ただところ変わればいろいろと違うものなんですねー。
小さなころに丸かぶりなんて食べてないとか
別に新しい物を使い始めたりしなかったとか
道路を封鎖して夜通し節分祭なんてないとか…。
節分に何かをするのは関西の風習なんだと岡山に来てから知りました。
そんな節分。
よく2月3日のことだと思われていますが実はそうではなく、
季節が切り替わる前日を指すのだそうです。
立春・立夏・立秋・立冬
暦の上でそれぞれの季節が切り替わるその前日を節分と呼び、
季節が変わったことを知らせてくれる。
それが節分の本当の意味なんだそうです。
何とも趣のある言葉、日本人らしいですね。
自分のまわりにある当たり前のことに当たり前のように意味や理由がある。
日々の喧騒の中でふと”思いを馳せる”なんて忘れがちになってしまいますが、
自分の過ごす時間や世界のことを少しだけでも想う時間を作ってみよう。
そう思った今年の節分でした。
立春を迎え、暦上は春だなんていいますが何のことはない、
まだまだがっつり冬の気温でございます。
昨日の夕方は吹雪でしたし、ねww
まだまだ寒さは続きます。
風邪やインフルエンザになりませぬよう、ご自愛下さいませ。
タイ古式マッサージ 岡山
バンクンメイ グランヴィア岡山店 ちゃんゆかでした★

アーカイブ