ブログ

2014/09/11 ちゃんゆか

ちゃんゆか、月見団子

 

 

里帰りしてきました、

どうもちゃんゆかです。

 

今月頭に連休がありまして、

贈れた盆休みという訳ではないですが帰省してきました。

メインがお墓参りであとはお買いものでぶらっと。

 

帰省は混雑時を避けるにかぎりますなー…(トヲイメ

 

 

 

さて、まもなく9月も半ば。

気温も下がってかなり過ごしやすくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

夜なんて風が気持ちよくて、無駄にベランダに出ていたりします(笑)

 

あ、そうそう!

夜にベランダだから、というわけではないですが皆さんお月見はされましたか??

今年の中秋の名月は8日の月曜日。

十五夜だからといって、15日に固定されていないのか…と、今さらながら知りました。

 

それから!

大阪から岡山に来てもうかなり経ちますが、

やっぱりそれぞれの土地の違いで知らないことがたくさん!!

 今回の月見団子もその一つ。

 

皆さんのいう月見団子ってやっぱりこっちですか?

 

ちゃんゆかはこのお団子、よくわかりません…。

というか、このようなお団子を食べたことがありません…。

雑誌や画像で見ても見栄えをよくする飾りか何かだと思っていました。

 

だって大阪ではお月見のときに、これをたべていたんですもの。

そう、これが地元でのお月見団子。

柔らかいおもちをこしあんで巻いてあるんです。

 

何でこんなにも違うんだろうと調べてみました。

中秋の名月は穀物の収穫に感謝し、米を粉にして団子にしたのが始まりだそうです。

関東方面では月に見立てた白い団子が一般的なんだそうで、あの月見団子になるんだそうです。

大阪の月見団子はというと、皮つきの里芋をイメージしているんだとか…。

実りの秋に豊作を願うため、里芋に見立てた形としてあの月見団子になったようです。

関東、関西と関係なく共通しているのはお供えした月見団子を食べると健康と幸せを授かれるということ。

 

もう十三夜や十五夜は終わってしまいましたが、これからの秋の夜長。

そんなことを思いながら、月を楽しむ時間もいいかもしれませんね。

 

 

タイ古式マッサージ 岡山

バンクンメイ グランヴィア岡山  ちゃんゆかでした★

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ