ブログ

2015/04/11 ちゃんゆか

ちゃんゆか、春の養生

 

 

春らしく刈りあげ、

どうもちゃんゆかです。

 

今月、4月バカの日にサロンへ行って来ました。

そして両サイドの髪を4mmに刈りあげてイメージチェンジ?

いや、ショートヘアなもんでサイドが浮かないように刈っただけなんですが、

どうやら男前指数は上がったようです。

 

トップの髪をかぶせているから、

めくらないとわからないんですけどねー…(トヲイメ

 

 

 

 

さて、まもなく4月も中旬に差し掛かろうというところ。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

今週の半ばはおっとろしいほどに気温が下がってかなり冷え込みましたね。

東京では最高気温が3℃までしか上がらず、雪まで降ったとか…。

雪と桜が舞うと思えばかなりの風情ではありますが、寒いのはもういいです。

 

さっさと春らしくなってくれーい!!

と、心の叫びも出てしまいましたが、来週は最高気温が20℃を超えるようなので

初夏のような春を体感できるんでしょう、きっと(笑)

 

ただ浮かれてばかりもいられないのです。

季節の変わり目や気候の変化がある時期というのは体調を崩しがち。

春はというと、とりわけ肝機能の働きが活発になりやすい時期なのです。

つまりデトックスの季節ということですね。

 

え?それっていいことじゃん??と、思ったあなた。

 

そうなんです、いいことなんですよ。

いいことなんですが、働きが活発になる春だからこそ肝機能を補う食材を摂る必要があったりするのです。

なので、ちゃんと食材から補えていないと、肝機能の数値が上がってしまったり、十分に機能できなかったり…。

なんて問題が起こりがちになるのです。

 

じゃあどうすればいいのさ?

ということで、代表的な春に取り過ぎ注意の食材をあげていきたいと思います。

 

 

◆酸味のある食材(かんきつ類・酢・梅など)

 酸味のある食材には収れん作用があるため、せっかく高まっている肝機能を抑えてしまう作用があります。

 食欲抑制効果のあるグレープフルーツなども

 この時期にはやや控えたほうが無難かもしれません。

 

◆辛みのある食材(唐辛子・生姜・ネギなど)

 これらの食材も肝機能の働きを抑制してしまいます。

 健康によく免疫力を高めることで知られている食材ですが、

 この時期はほどほどがいいかもしれません。

 

◆アルコール

 これは言わずもがな(笑)

 普段から肝臓に負担をかけてしまうアルコールですから活発になる春は尚のこと。

 アルコールの分解は男性よりも脂肪量の多い女性のほうが苦手ですから、

 特に女性は気を付けたいものですね。

 肝機能の衰えはシミやソバカスに直結してしまいますから。

 

 

以上、代表的な3つの食材をあげてみました。

あくまで摂取してはいけないということでなく、過剰摂取だけはさけて

バランスのよい食生活にしていただければと思います。

上記を参考に、春を意識した食材や旬の物を選んでみて下さいね。

 

また日が昇るのも早くなりますので、朝の日差しをたくさん浴びるようにしましょう。

身体を動かし、やりたいことを我慢せずにのびのびと過ごすことも春の養生になると思います。

ちなみにちゃんゆかは体幹トレーニングとピラティスを始めました。

 

暦の上ではもう春。

体調万全に調えて、新年度をスタートさせてくださいね。

 

 

タイ古式マッサージ 岡山

バンクンメイ グランヴィア岡山店 ちゃんゆかでした★

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ